忍者ブログ
蒼色の祝歌・製作ぼやき
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8
2019.09.17,Tue
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2015.02.27,Fri
鳥が飛んで行ったことには意味があります。
でも、今回更新分では明らかになりません(^^;
PR
2015.02.20,Fri
私は、背景が白いと落ち着かないタイプ(笑)

3コマ目の背景をどうするか悩み、トーンだとぼやけるしな~、でもベタだと重いし。
ってことで、ぼかし入れベタで。

アナログだったら、ひたすら点描だったんですよね・・・。
今は、点描風ペン先で、ぺぺぺっと一瞬。

便利な世の中になったなぁ・・・。
2015.02.13,Fri
今まで、サンが普通に笛を吹いていることを、疑問に思われていた方はいらっしゃるでしょうか?(^^;

一応、113ページで、リュヌが「どういうわけか知らぬが」と言っているんですが。
その後は、彼女もあらためて疑問に思うことも無く。

実は、大変なことになってました(^^;
2015.02.08,Sun
この2ページは、ペン入れとしては早かったです。
なぜなら、線しか描いていないから。
普通は、ベタ入れたり、効果入れたり、背景を描いたりで時間がかかるんですが。
メマルクはそういう点では、非常にありがたいキャラです(笑)

で、PC処理。
2時間後に外出しなければ・・・という状況で作業していました。

あと1時間、1ページ目の処理がようやく終わるぞ~という時、
1時間くらいかかってやったトーン処理を、全消ししました・・・orz

いつもなら、1コマずつ、トーン処理が終わる度に保存するのに、
この日に限って、全コマ、保存し忘れてたんです(涙)

再度、やり直すも、最初よりも明らかに質が落ちました・・・。

2015.01.30,Fri
先週言ったとおり、早速、廊下の模様を入れ忘れました(笑)
もう、いいや。
この後は、もう、無しで行きますよ。

ついでに懺悔。

本当は、魔道士の爺さんもメマルクも、魔法を唱えるときには「象徴」がいるんです…。
(なしで唱えられるのは、リュヌだけ)
でも、すっかり失念していまして、魔道士の爺さんは象徴らしきものを持っていなかったですね・・・。
えーと、指輪でもしていたんですよ。はい(^^;

メマルクは、この後は「王の象徴」を使うからいいんですが、今まではどうしてたんでしょうね~?(^^;

あー、普通のレベルの魔法なら、開放前の「王の象徴」でもいいのかな。

うん。きっと、そうだ。そういうことにしておこう(笑)


2015.01.23,Fri
ここから、リュヌ&サン組の話になります。

ああ!
なぜ、最初にメマルクの部屋を描いた時に、廊下に柄を入れてしまったんだ~!!(゜□゜;)
まさか、その後に廊下を舞台に描かなくてはいけないなんて、思ってもいなかった・・・。

ってことで、おそらくこの後、廊下の柄があったり消えたりすることと思います(笑)
許して下さい~(^^;
2015.01.16,Fri
ようやく鎧男&魔道士ペアが退場です。

PC処理しながら思ったんですが、ナスルが罹っているマテラ熱って、最後、血を吐いて死ぬ…って症状だったはず。
しまった。
鎧男も吐血しなけりゃおかしいかも・・・?

でも、シナリオには書いてなかったし・・・。
神経をやられた、とあるから、ま、いっか~(苦笑)


魔道士の最期、ちょっと残酷に首を飛ばしてしまったのですが、シナリオには無いんです。
(ただ、刺したとだけ)
下描きチェックで、山和は何も言わなかったので・・・。

うーんと、今回の話で、あまりナスルのパッとするような戦闘シーンがなかったので、最後くらい目をひくようなものにしたいな、と思いまして。
(まぁ、下描きをしていたときに読んでいた、某ヴァイキング漫画に感化されたというのもあるんですが(笑))

2015.01.09,Fri
135ページの2コマ目。

原稿は、左右逆でした。
PC処理の時点で、左右反転させました。

刺された鎧男が、左足を回し蹴りでナスルを蹴り飛ばす、というつもりで描いたのですが、そうなると、一旦、ナスルの剣が抜けていないと難しいな・・・ということに気づきまして。
流れが途切れちゃうなぁと(^^;

試しに反転させてみたら、剣が刺さっている状態で、右足でナスルを蹴り飛ばせる構図になったので、それでOKにしました。
2015.01.03,Sat
鎧男との対決開始です。

雲形定規をいくつか持ってはいるのですが、思うような曲線がないことが多いんですよね。
自由に形が変えられる定規があったと思うんですが、あれは使えるんでしょうかね?

線を引くとき、わずかでもいいので定規の縁が斜めになっていてくれないと、インクが紙との間に入ってしまうんですが、形変更ができる定規はその辺りがどうなのかな~と。
最近、文具店とかまったく行かなくなっちゃったので、わからない…。
2014.12.26,Fri
すいません。
前回の130ページ、最後台詞が抜けていたので追加しました。
って、ここを読んでいない方は気づかないだろうなぁ・・・(^^;

とりあえず、1ページ表示板と見開き表示板は、130ページから表示されるようにしておきました。
フレーム版はどうしようもないので、まぁ、仕方がないですね(^^;
それほど大きくストーリーに関わる台詞でもないので、いいかな。

鎧男は死体でした。
なので、顔を布で覆ってたのでした。
決して、顔を描きたくなかったからでは・・・(笑・いえ、それも理由ですが)


カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
リンク
フリーエリア
Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]